島根県邑南町の城跡

島根県邑南町の地名由来

 このページは、島根県邑南町内の地名の由来について記しています。

阿須那(あすな)

 産土賀茂神社の阿須波神が地名の起源といわれる。
 また「八重葎」には「阿須奈村」として、昔額田部宿禰6世明日名門命がこの地にいたからという説、またアスナロという大木があったことによる説がある。
「安須奈」の地名は鎌倉期からあり、南北朝時代には「安須奈」「安須那」、戦国時代には「阿須那」といった。
 明治22年に阿須那村が発足(阿須那、木須田、宇都井、今井、雪田、戸河内)、昭和32年に口羽村と合併して羽須美村が誕生する。

宇都井(うずい)

 「八重葎」には「昔天下大神里に神井を掘り給えり、其井を誉めて宇津高き杯と云う如くの心にて名とせり」とある。
 江戸時代には「宇都井村」。明治22年に阿須那村の大字となる。

出羽(いずわ)

 志都の岩屋には巨岩5石があり「五石(いつついし)」といっていたのが転じたという。また刀工・正宗の弟子が住んだことから「出刃」が「出羽」になったという説もある。
「出羽郷」は鎌倉期から見え、南北朝期には「上出羽郷」「下出羽郷」と分けて使われている。
 上郷は上田所、下田所、上亀谷、下亀谷、鱒渕で、中心は田所。下郷は三日市、八日市、山田、淀原、岩屋、久喜、大林、原村、和田で、中心は三日市・八日市にあった。
 江戸時代から「出羽村」と呼ばれていたが、明治22年に三日市、出羽、山田、淀原、岩屋、久喜、大林が合併して出羽村が成立。
 昭和30年に高原村、昭和32年に布施村を編入。

市木(いちぎ)

 市木神社の祭神、市寸島姫命にちなむという。
 平安時代には「市木別府」の地名がみえ、鎌倉期には「市木」。南北朝期には「市木郷」、戦国期は「市木村」と呼ばれている。
 明治22年に「市木村」発足。昭和33年に瑞穂町と旭町に分割合併された。

大林(おおばやし)

「八重葎」には、和加布津主命がこの地で狩猟した時、大木が茂る山林であったことからとある。
 江戸時代には「大林村」とあり、浜田藩領だったが、銀山の関係で一時期幕府領だった。明治22年に出羽村の大字となる。

井原(いばら)

「八重葎」には「昔稲置有りたる所故に稲原と云い来れり」とある。
 地元の伝承では、昔、湯が湧き出でて湯原と呼ばれたことが由来という説もある。
 戦国期には「井原村」とあり。川本・小笠原氏の家臣として井原氏がいた。
 江戸時代は浜田藩所属だったが一時期幕府領大森代官所支配地だった。
 明治22年に井原村成立。昭和30年に合併して石見町が誕生した。

関連記事

 >> 邑南町の歴史的観光スポット:一覧へ

「邑にゃん」とは邑南町の歴史を勝手につぶやく謎のネコである。邑南町公式マスコットとは何ら関係がない。