戦国の石見を探る……邑南町の城跡や史跡を紹介

島根県邑南町(旧 石見町、瑞穂町、羽須美村)の城跡や史跡・遺跡を紹介しています。

日和城 写真集

 日和城跡の写真を掲載しています。(撮影:2007年8月)
  (2010年3月に撮影した日和城の写真はこちら

 ※写真が表示されない場合は、ページの再読み込み(リロード)してみてください。

 日和城全景。中央の高い山が本丸跡になります。
 左側の尾根には、古い郭跡が連なっています。

 城山の麓、大釜谷の登山道入口。
 ここの地点までは、コンクリートで舗装されていますが……

 山頂までは、軽自動車がかろうじて通れる山道が通じています。
 かなりのオフロードです。乗用車は無理です!私は軽トラックで登りましたが、何度か命の危険を感じました。
 山頂までは方向転換できる場所は3カ所程度あり、山頂に近くなるほど悪路になり、水害で崩れた場所もあるので、十分ご注意下さい。

 主郭跡地。金比羅社殿が建っています。
 発掘調査が行われたのは、手前の部分です。

 主郭

 金比羅社殿後方が主郭の中心部。
 一段高くなっています。

 主郭中心部。一段高い場所。

 主郭を北の端より見る。

 主郭の北側下段に位置する跡。
 整備されていないのでメチャクチャに荒れた状態です。

 城の西側にある尾根部分。
 ここには古い時代の郭跡が残っています。

 主郭より、日和の町を眺める。

 主郭より、吉川陣所跡を見る。
 毛利軍は、この山頂から尾根沿いに陣を構えた。

 左が日和城、右が吉川陣所跡(大谷山城跡)

 

「日貫日和の城」へ戻る

邑南町の城 |中世・戦国の石見