戦国の石見を探る……邑南町の城跡や史跡を紹介

島根県邑南町(旧 石見町、瑞穂町、羽須美村)の城跡や史跡・遺跡を紹介しています  

邑南町の変遷を航空写真・地図で見る

 ここでは、邑南町内で廃村・廃集落となった地の変遷を、航空写真や地図で見てみるコーナーです。

 ※写真が表示されない場合は、ページの再読み込み(リロード)してみてください。

 

◆江津市 瀬尻集落

 江の川沿いで、唯一といっていいほど川に沿った道がなく、山側から入らねばならない集落。当然、三江線は通れども駅は無かった。その不便さから、平成18年(2006)に住人はいなくなった。
 ただ、一軒だけ通勤農業は続いているようで(2016年に確認)、川平から船で集落に入っている模様。芦山谷からの道は急勾配もある狭い道なので、普通車では厳しいが、通れないことはないとも聞く。平成24年の水害の際、工事用車両が実際に入った。


現在の瀬尻(Googleマップ)

瀬尻地図
川戸、川平から江の川に沿って入る道は無い。
芦山谷からの山道1本きりである。
(三江線廃止後の地図なので線路は消えています)



 (以下、航空写真は国土地理院国土画像閲覧システムより引用)

瀬尻(1948)
昭和23年(1948)の瀬尻

瀬尻(1964)
昭和39年(1964)の瀬尻

廃村 瀬尻(1976)
昭和51年(1976)の瀬尻


三江線車内から撮影した瀬尻(2016)


稲作がなされているようです


  

 >> 廃集落の変遷シリーズ一覧

 >> 史跡訪問日記:一覧へ

邑南町の城|中世・戦国の石見