戦国の石見を探る……邑南町の城跡や史跡を紹介

島根県邑南町(旧 石見町、瑞穂町、羽須美村)の城跡や史跡・遺跡を紹介しています。

尼子陣所跡(美郷町)

 島根県美郷町にある「尼子陣所跡」を紹介します。(地図
 天文9年(1540)8月、尼子詮久は3万の軍勢を率いて吉田郡山城の毛利を攻めましたが、5ヶ月かけても城は落とせず、天文10年1月に撤退を開始。厳冬の中、退却戦は熾烈を極め、都賀で敗走兵をまとめ江川を渡河し出雲へ撤退しました。その時に使われたのがこの尼子陣所です。
 その後、天文11年(1542)の大内義隆による尼子攻めの際や、永禄5年(1562)の毛利による尼子攻めの時にも使用されたものと思われます。堀切や土塁はほとんど無く、削平地だけで成り立つ正に陣城です。
 南北の非常に広範囲に数多くの曲輪跡を残しており、それを取り巻くように県道が走っていますので、登りやすいのですが、案内表示や山道は存在しません。
 また、一部発掘調査も行われており、古銭やキセルなどの出土品や、柵跡とみられるピット群が検出されています。
(撮影:2014年12月)

 ※写真が表示されない場合は、ページの再読み込み(リロード)してみてください。

尼子陣所 縄張図

 尼子陣所縄張図(寺井氏作図を引用)
 図を見て分かるように、Aを中心とした南半分と、BCDを中心とした北半分では縄張りの様子が違います。これは使用年代の違いのようで、南側は尼子氏使用時の様子を残し、北側は毛利氏による改変があったと推測されるそうです。
 ちなみに陣所内で最高所はAの部分。しかし主郭はどれか判別できません。

都賀展望台

 陣所跡南東端に展望台が設けられています。ここも曲輪の一部です。
 5年前ぐらいは案内板もありましたが、2014年ではご覧の通り。やる気あるのか。

都賀行と江川

 江川と都賀の町がよく見えます。尼子も毛利も、ここを渡河ポイントとしました。

尼子陣所 南側

 南端から縄張図面A方向を見ます。何やら工事資材や産業廃棄物の場所になっています。
 かつてここでは発掘調査が行われ、古銭やキセル、焼き釜跡や柵列のピット群が見つかっています。
 正面の山が陣所最高所のA。こちら側は薮が酷く、立ち入りもできない様子です。

登り口

 図面BとCの間からが一番突入しやすいです。

尼子陣所 主郭?

 図面Bの曲輪。南北に細長く、ここが主郭と言っていいような気がします。
 さらに奥に入り、A方向へ行こうとしましたが、薮が酷くて今回は断念。
 (Googlemap ビュー

尼子陣所跡

 Bから西方向へ延びる尾根の郭群。植林で手入れがなされているようです。

尼子陣所跡 曲輪

 Bから西方向の曲輪。削平地がよく分かります。(Googlemap ビュー

 図面Cへも行ってみましょう。

尼子陣所 郭

 図面Cの頂部。帯郭を持つように見えます。削平はやや甘いです。
 (Googlemap ビュー

C

 図面Cの、更に北西方向。削平地が延びています。

郭跡

 図面Cから東方向の郭群。

斜面

 陣所の東斜面は急峻で、堀切はありません。

 

邑南町の城 |中世・戦国の石見