戦国の石見を探る……邑南町の城跡や史跡を紹介

島根県邑南町(旧 石見町、瑞穂町、羽須美村)の城跡や史跡・遺跡を紹介しています  

邑南町の変遷を航空写真・地図で見る

 ここでは、邑南町内で廃村・廃集落となった地の変遷を、航空写真や地図で見てみるコーナーです。

 ※写真が表示されない場合は、ページの再読み込み(リロード)してみてください。

 

◆邑南町 井原 手取集落

 邑南町井原地区の手取集落……って、何それと思う方も多いでしょう。多分、旧石見町では一番早くに地図からその名前を消したと思います。
 昔の人は、一体何を考えてこんな山奥に暮らすようになったんだろう……そう思うのも当然で、この手取には平家の落ち武者伝説があります。
 『石見町誌』で少し紹介されているのですが、その詳細は分かりません。なるほど、源氏の追求から逃れて隠れ暮らすにはちょうどいい場所かもしれません。
 ちなみに、田ノ原と手取の峠に地蔵があるそうで、雪の遭難者の供養に祀られたという言い伝えがあるほど、井原から因原へ抜けるこの往来は難所でした。


現在の手取(Googleマップ)
空田林道から更に小径を入ります

手取地図
昭和27年の手取周辺地図
(地理調査所発行1/50,000地形図「川本」(昭和27.2))

 (以下、航空写真は国土地理院国土画像閲覧システムより引用)

手取(1948)
昭和23年(1948)の空田、手取、田ノ原、野原谷

手取と田ノ原(1948)
昭和23年(1948)
上が手取、下が田ノ原。

手取(1964)
昭和39年(1964)の手取
小径沿いに二戸でしょうか?

廃村 手取(1976)
昭和51年(1976)の手取

手取1993
平成5年(1993)の手取

手取(2010)
平成22年の(2010)の手取
  

 >> 変遷シリーズ目次

 >> 史跡訪問日記:一覧へ

邑南町の城|中世・戦国の石見