戦国の石見を探る……邑南町の城跡や史跡を紹介

島根県邑南町(旧 石見町、瑞穂町、羽須美村)の城跡や史跡・遺跡を紹介しています  

管理人の覚え書き

 ここでは、当サイト管理人の城跡訪問の余談や、覚え書きなどを記しています。

 ※写真が表示されない場合は、ページの再読み込み(リロード)してみてください。

 

◆一本木峠

 一本木峠とは、旧石見町矢上の須摩谷から、旧瑞穂町鱒渕の新山を結ぶ古道にある峠です。
 現在は使われなくなった道ですが、江戸時代には既に矢上から田所方面を結ぶ幹線として利用されていました。一時期は路線バスも運行されていたみたいです。
 地元医療に貢献された医師・岸先生がタクシーでこの道を通って矢上に入り、地元の熱烈な歓迎を受けたことが『矢上百年誌』にもありますね。
 新山地区は既に廃村となっており、道も舗装されていない悪路ですが、通れないことはないです。チャレンジしてみたい方は、どうぞ。

一本木峠
須摩谷地区 一本木峠への入口


一本木峠への道
古い道ではありますが、直線部分が多いです。

一本木峠

(2010年8月)

 

 >> 史跡訪問日記:一覧へ

邑南町の城|中世・戦国の石見